横浜・川崎エリアのお客様に選ばれる4つの理由
理由1 雇用関係助成金の申請に特化した神奈川の社労士事務所だから!

弊所は2011年の開業以来、横浜市や川崎市など神奈川県を中心に雇用関係助成金の申請に特化して業務を行ってきました。助成金に特化した社労士事務所ですので、助成金の提案力と受給率には自信を持っています!

理由2

報酬体系はシンプルです。支給された額×15〜20%を報酬として請求し、着手金はありません

 
理由3

申請書類の作成や届出は、すべて弊所が代行します。貴社にお願いするのは押印や制度運用だけです。

 
理由4

雇用契約書・就業規則・出勤簿の整備など、労務管理のレベルアップについてもサポートいたします。

助成金申請をご依頼いただいたお客様の声(株式会社エイムスさま)

全てにおいて安心できました

他社さまからのご紹介で、助成金申請をお願いしました。

どのように進めていけば良いのかという不安を、とても分かりやすく簡単な言葉でご説明頂き、依頼させて頂きとても良かったという感想以外出てこないのが感想です。細かなところまでの配慮を頂き、弊社の方のミス(忘れてしまう等・・・)までをフォローして頂けるという体制全てにおいて安心できました。

現状以上の何を期待すればよいのか、現状を継続頂く事に期待致します。

 

その他のお客様の声はこちら

助成金申請までの流れ

 

STEP1

お問い合わせ

お電話(044-201-9104)またはお問合せフォームからお気軽にご連絡ください!

STEP2

事前打ち合わせ

ご来所、訪問(横浜市、川崎市、神奈川県、東京都)、Zoom等により、受給できる可能性のある助成金をご提案いたします。また、報酬体系や申請から受給までのスケジュールについてもお伝えします。

STEP3

契約の締結

STEP2の提案内容にご納得いただければ、たかはし社会保険労務士事務所(横浜、川崎、神奈川等に対応)と貴社の間で、助成金の申請代行に関する契約を締結します。顧問契約は不要であり、着手金などもいただきません

STEP4

計画申請の準備

弊所担当者から貴社ご担当者さまに対して、計画申請に必要な情報のヒヤリングをさせていただきます。また、雇用契約書・就業規則・出勤簿などの帳簿類については、社労士が作成を支援いたします。

STEP5

計画の申請

弊所にて、STEP4で作成した計画書を労働局に提出いたします。貴社には、書類への押印のみお願いします。

STEP6

各種取り組みの実施(※貴社にて実施)

申請した計画に基づき、各種取り組み(たとえば正社員転換など)を実施していただきます。スケジュール管理は弊所で責任をもって行いますので、弊所担当者から随時ご連絡をさせていただきます。

STEP7

支給申請

弊所にて、支給申請書を作成し、労働局への申請を代行いたします。貴社には必要な添付書類の準備と、書類への押印のみお願いいたします。

STEP8

受給・ご請求

労働局から貴社に助成金が支給されましたら、その後、弊所への報酬をご請求させていただきます(支給額×15〜20%)。

雇用調整助成金の新型コロナ特例措置について(令和2年5月17日更新)

※雇用調整助成金について、多数の事業者様から申請代行のご依頼をいただおりますが、弊所の事務処理能力の限界に達したため、一旦ご依頼の引き受けを停止します。

※6月に新規ご依頼のお引き受けを再開する予定ですので、ご了承いただければ幸いです。

新型コロナウィルス(COVID-19)の影響を受けて、売上高や生産量が落ち込み、社員の一時休業を検討されている事業者さまも多いと思います。

以下の特例要件に当てはまる場合は、休業手当の4/5(大企業2/3)・解雇等を行わない場合9/10(大企業3/4)を支給する、「雇用調整助成金」の対象となる可能性があります。

・新型コロナウイルス感染症の影響を受ける事業主であること(業種不問)

・最近1ヵ月の生産量、売上高などの生産指標が、前年同期と比べて5%以上減少していること

・労働者(雇用保険被保険者以も含む)を休業させて休業手当や通常賃金を支給すること

雇用調整助成金の「休業」について教えてください。

所定労働日に、「労働者を休ませる」ものをいいます。雇用調整助成金における休業とは、所定労働日に労働者を休ませるものをいいます。事業所が営業を休んだとしても、労働者を休業させない場合は、雇用調整助成金は支給されません。

全員を一斉に休業させなくてはいけないのでしょうか?

いいえ、必ずしも全員を一斉に休業させる必要はありません。一部の従業員を休業させる場合も、雇用調整助成金の支給対象となります。

申請の代行を依頼した場合の費用は幾らでしょうか?

支給額×15%(10%)となります。 雇用調整助成金は、支給された額×15%(2回目以降の計画申請分は10%)にて申請代行をお引き受けさせていただきます。着手金などはいただいておりません。ただし、弊所の事務処理能力を超える場合はお引き受けできないこともありますので、ご了承ください。

小学校休業等対応助成金も依頼できますか?

はい、お引き受けしております。たかはし社会保険労務士事務所では、小学校休業等対応助成金についても申請を代行させていただきます。

スポットでの依頼も可能ですか?

はい、スポットでもお引き受けします雇用調整助成金に限らず、厚生労働省の助成金については、スポット(=顧問契約なし)でも申請代行をお引き受けしております。ただし、雇用調整助成金については、労務管理の状況によってはお引き受けできない場合もあります。詳細はお問い合わせください。

Zoomによる面談は可能ですか?

はい、可能です。新型コロナウイルスの影響により、訪問やご来所が難しいお客様には、Zoomによる面談も実施しております。

お気軽にお問合わせください!

▼▼たかはし社会保険労務士事務所(横浜、川崎、神奈川等に対応)

へのお問合せ・ご相談は▼▼

TEL: 044-201-9104
受付時間 : 9:00〜17:00(土日祝祭日は除く)

 

▼▼助成金の無料診断は以下のアンケートをお送りください▼▼
無料診断アンケートフォーム
FAX: 020-4622-2314
e-mail: info@sr-taka.jp


お問合せフォームはこちら

更新履歴

2020.05.01:4月30日(木)神奈川県の雇用調整助成金に関する個別相談会の相談員を務めました
2020.04.20:4月18日(土)神奈川労働局の
雇用調整助成金の緊急相談会の相談員を務めました
2019.12.03:12月28日(土)~1月15(日
)まで年末年始休業とさせていただきます
2019.08.07:8月10日(土)~8月18(日
)まで夏季休業とさせていただきます
2019.08.05:「人材開発支援助成金(特別育成訓練コース)」を追加しました
2019.05.15:ホームページのデザインを全面的にリニューアルしました
2019.01.28:ものづくり等中小企業のための「雇用関係助成金」解説セミナー(2月14日)
2018.11.14:中小企業のための「雇用関係助成金」解説セミナー(12月11日)
2018.04.15:平成30年度おススメの取り組みを掲載しました
2017.12.08:パート社員を募集中です!
2017.07.30:サービス案内に「メール顧問」を追加しました
2017.04.07:「生産性要件」の記事を追加しました
2017.01.04:事務所移転のご案内
2016.12.07:「65歳超雇用推進助成金」を追加しました
2016.10.06:「両立支援助成金」を追加しました
2016.08.31:「採用情報」を更新しました
2016.07.16:「価格表」を更新しました
2016.05.18:サービス案内に「キャリアコンサルティング」を追加しました
2016.04.12:サイト全体をリニューアルしました
2015.09.27:「キャリア形成促進助成金」を追加しました
2015.08.24:「企業内人材育成推進助成金」を追加しました
2015.08.01:「キャリアアップ助成金(人材育成コース)」を追加しました
2015.05.26:「助成金の活用事例(キャリアアップ助成金)」を掲載しました

2015.05.24:特開発5%OFFキャンペーンを掲載しました

2015.05.24:
お勧めの助成金・補助金」の支給額等をアップデートしました
2015.03.21:お勧めの助成金・補助金」に創業補助金と省エネ設備導入補助金を加えました
2015.03.17:「価格表」を更新しました
2015.03.16:「補助金・助成金Blog」をアメブロに移設しました
2014.08.10:「お勧めの助成金」を更新しました
2014.03.26:事務所移転のご案内
2013.07.31:サイト全体をリニューアルしました
2013.07.10:「日本再生人材育成支援事業」の受付が停止されました
2013.06.18:「お勧めの助成金」を更新
2013.05.02:「職場意識改善助成金」を追加
2013.04.05:「お勧めの助成金」を更新

▲このページのトップに戻る