働き方改革推進支援助成金

働き方改革推進支援助成金は、生産性を高めながら労働時間の縮減等に取り組む中小企業・小規模事業者等に対して取組費用の一部を助成するもので、以下の4コースで構成されています。

コース名称 取り組みの概要
労働時間短縮・年休促進支援コース 労働時間の短縮や年次有給休暇取得促進に向けた環境を整備する
勤務間インターバル導入コース 勤務間インターバルを導入する
労働時間適正管理推進コース 労務・労働時間の適正管理の推進に向けた環境を整備する
団体推進コース 事業主団体において、傘下企業の生産性向上に向けた取組を行う

たかはし社会保険労務士事務所(横浜、川崎、神奈川等に対応)が特におススメしたいのが、「労働時間短縮・年休促進支援コース」「勤務間インターバル導入コース」です。

▲このページのトップに戻る