65歳超雇用推進助成金 65歳超継続雇用促進コースとは?

1. 65歳超雇用推進助成金(65歳超継続雇用促進コース)の概要

A. 65歳以上への定年引上げ、B. 定年の定めの廃止、C. 希望者全員を対象とする66歳以上の継続雇用制度の導入等を行う事業主に対して、一定額を支給するものです。


2.支給額

(65歳以上への定年引上げ、定年の定めの廃止の場合)

 60歳以上
被保険者数
65歳 66〜69歳に引上げ 70歳以上
定年の廃止
<5歳未満> <5歳以上>
1〜3人 15万円 20万円 30万円 30万円 40万円
4〜6人 20万円 25万円 50万円 50万円 80万円
7〜9人 25万円 30万円 85万円 85万円 120万円
10人以上 30万円 35万円 105万円 105万円 160万円

(希望者全員を対象とする66歳以上の継続雇用制度の導入

 60歳以上
被保険者数
66〜69歳 70歳以上
1〜3人
15万円 30万円
4〜6人 25万円 50万円
7〜9人 40万円 80万円
10人以上 60万円 100万円

 

3.主な支給要件

・新たな定年制度等を規定した際に経費を要したこと

・高年齢者雇用等推進者を選任していること

・高年齢者雇用管理に関する措置を実施していること

・1年以上継続して雇用されている60歳以上の雇用保険被保険者が1人以上いること

 

4.ポイント

65歳超雇用推進助成金(65歳超継続雇用促進コース)は、令和4年度から再び支給区分が細分化されたことにより、実質的に支給額が大幅に引き下げられました。60歳以上の被保険者数が3人以下ですと、支給額は最大でも40万円となります。

とはいえ、幅広い事業所で申請できますので、ご興味があれば、たかはし社会保険労務士事務所(横浜、川崎、神奈川等に対応)までお問い合わせください!

▲このページのトップに戻る