最低賃金の改定について(2021.08.31更新)

今年も最低賃金の改定時期がやってきました。昨年は、コロナの影響も考慮されて「小幅」の引き上げとなりましたが、今年は従来路線に戻り「大幅」な引き上げとなりました。


・東京都 :1,041円(=28円引上げ)

・神奈川県:1,040円(=28円引上げ)

(ご参考)https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/minimumichiran/index.html

業種によっては未だコロナの影響を大きく受けており、経済界も大幅な引き上げに反発していたのですが、「結論ありき」という感じで大幅引き上げとなりました。

なお、政府は、最低賃金の「全国加重平均1,000円」を目指しています。今回のことでも分かる通り、余程のことがない限り、今後も毎年同じようなペースで引き上げが行われるものと思います。

 

※本コラムの内容は、執筆時点で公表されている情報や施行されている法令に基づきます。

▲このページのトップに戻る